眉 エイジングケア

眉をケアしてエイジング!若返りの秘密を公開します

 

女性の眉毛の形は時代を象徴するとも言われています。顔の印象を決めるとも言える眉ですから眉のメイクに注目があるマルコとは当然のことといえるでしょう。細眉から太眉へとトレンドも移り変わりますが、一番大切なのは自分にあった眉毛の形を見つけること。ここでは上手に眉毛を整える方法、若返りにもつながる眉毛ケアについてお伝えしていきます。

 

年齢に合わせた眉メイク

 

眉メイクはもう何年も同じメイクという方も多いことでしょう。ですが、人間の骨格は年齢を経るごとに変わっていきます。これは顔の骨格についても同じこと。顔の筋肉や皮膚のたるみなど眉毛周辺の環境も変わっていくものです。

 

若い頃の眉メイクを40代、50代になっても続けていると老け顔の原因にもなってしまいます。ですからそれ相応の年齢に応じた眉メイクをしていくことで若さを印象づけることもできるようになります。

 

ですが、若々しさを印象づける眉メイクといってもどうすればいいかわからないでしょう。もし、経済的に余裕があるのでしたら眉毛専用のサロンでメイクしてもらいます。眉メイクの専門家ならあなたにピッタリの眉の形を作りだしてくれるでしょう。

 

眉のエイジングケアについて

 

眉のエイジングケアのポイントとしては眉と目とのバランスを意識した目結メイクです。まずは眉尻を下げないこと。角度を滑らかにして全体のバランスを整えます。

 

老けて見える原因はまぶたが垂れてくる目尻が下がるまぶたがくぼむという3つの特徴があります。この特徴を眉メイクで調整することで老けて見える原因を解決していくことができます。

 

まぶたが垂れてくる場合

 

たとえばまぶたが垂れている方は眉を太くします。眉とまぶたの間を短くすることで印象を和らげます。また、眉山を滑らかにすることもいいでしょう。まぶたが垂れてくると目をより見開こうとして額の筋肉を使い目を開こうとするようになります。眉山の上の筋肉が盛り上がり気味になりますので筋肉のもりあがりを目立たなくできます。

 

まぶたがくぼむ場合

 

まぶたのくぼみが強調されやすいのは眉とまぶたの間隔が広い方、眉が細い方です。眉に太さをだして間隔を狭くし、できるだけなだらかな感じで仕上げるようにしましょう。眉の周辺にハイライトを入れると上品な印象になります。

 

目尻が下がる場合

 

目尻の下がりが気になる場合は眉尻を上げることです。そうすることで顔全体が引き締まった印象になり若若さしさを演出することができます。

 

これらのように対策していきます、一度眉毛専門のサロンで自分に合った眉毛の形を知ることもよろしいかと思います。